ピエールホームズのオリジナル技術

冬暖かく 夏涼しい

壁式コンクリート造りですから、床下の土間コンクリートを蓄熱盤にすることで、家中全てを快適温度に。
ランニングコストは、厳冬期の4か月間、灯油購入費のみ。シンプルな構造で取り扱いは簡単。

床下を温めるオンドル。お隣の韓国では厳寒期にバス・トイレも暖か。
家の中では、半袖で過ごすのが、普通なんです。

冬、温風を

12月初旬頃より温風を床下に送風。
コンクリートは熱伝導が遅く、蓄熱盤を温めるに時間が掛かります。
しかし、一度温まった蓄熱盤(50℃前後)は、床下の温度を絶えず一定に保ち、家全体を21℃程度に温めます。
厳寒時は夕方帰宅してから温風を送風すれば、家全体が21℃程になります。

夏、涼風を

6月初旬頃より床下に新鮮な外気を送風。
新鮮な外気を取り入れることで、床下は湿気の無い涼風状態。
壁際の通気口から噴き出す涼風で、お家全体は爽やか状態に。

お問い合わせはこちら




ピエールホームズ

〒733-0801
広島県広島市西区新庄町12-17

営業時間
9:00~18:00

お問い合わせ
TEL 082-237-1084


モバイルサイト

ピエールホームズ 有限会社吾妻工務店スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら